プログラミング作業の友

「作業用BGM」って聞いたことありますか? 色んな職業、主婦の方でも家事をしながらでも使うと思いますが、効率よく作業に没頭するために流す曲です。

特にプログラミング作業に従事する人は、長丁場の仕事に集中するために使うことが多いです。どんなに好きな仕事の作業でも、人間の集中力と言うのは普通はそれほど続きません。単調になりがちな仕事に入った場合は効力を発揮すると言われています。

では、どんな作業用BGMが良いのでしょうか? もちろん好みがあるので、人それぞれですが、共通している条件は「BGMの長さは長いほうが良く、一時間くらいが良い」短いと当然のことながらマメに選曲したりしなければならないので集中力を途切らせることになります。また同じ曲をエンドレスにしておくのは、わりとイライラや、ストレスの元になるかもしれません。

選曲は曲であれば一度以上聴いたことがある曲で、できれば日本語ではないほうが良いようです。日本語の歌は歌詞を聴きに気持ちが自然にいってしまって集中の妨げになる可能性があります。そのためほとんどの人が洋楽を選択しています。一度以上聴いた曲というのは、気に入っている曲でも、作業しながらいつの間にかスルーしているくらいという意味です。曲に聴き入ってしまっては本末転倒ですね。

ラジオという手もあります。その場合は面白いものは向いていません。さらっと聞き流せる程度の不快にならない程度のものが良いです。ただし、ラジオ番組を選んでちょうどそのようなものが放送されていれば良いのですが、そう上手くいかないので、あらかじめ録音しておくか、自分で自分の好みの「作業用BGM」化をして用意しておくと良いでしょう。

NGな選曲は、思い入れのある曲や、思い出が濃い曲。曲を聴くと思い出がプレイバックしてくると脳内は集中力どころではありません。意外に集中できるというのがゲーム音楽。自分がクリアしたゲームなどだと、レベルを上げて来ただけあって集中力が発揮されるというのです。
これらを聴く時には、イヤホンまたはヘッドホンをして外界と音を遮断します。作業用BGMは、仕事の外の様子をシャットアウトする意味があるからです。プログラミングだけでなく、他のお仕事でも職場が許せば応用可能ですね。ただし、勉強中は無音が基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です